せっかく浦和においでいただいたら、お勧めしたい場所が沢山あります。
ジャンル別にご紹介しますので、是非寄り道して行ってください。  
 
梅玉(手打ちそば・うどん店)
■月定休
■さいたま市浦和区高砂2−2−2 ワシントンホテル近く・旧中山道沿い。
■TEL:048−822−2373
そばも美味しいが、ここで周期的に食べたいのはかきたまうどん。少し味が濃いナと思いながらも、生姜のかおりが、プンと鼻をつき、やけどしそうになりながら食べる。旧仲沿い、ワシントンホテルの向かい側にある。
 
まるしん 丸真 (漬物屋・和定食)
■さいたま市浦和区仲町2−12−3 玉蔵院付近。
■TEL:048−832-1633
夜は呑み屋。昼の定食が旨い。炊きたてご飯とたっぷりの漬物。粕漬けの焼き魚も焼きたて、あつあつで、正しい昼飯。曜日によって、焼きおにぎりか、おはぎのどちらかが店頭の大皿に並ぶ。焼きおにぎりは、冷めてもおいしい。おはぎは、特大のおにぎりサイズで、ちょっと塩味のする粒餡。昼過ぎには、売り切れてしまうので、先に確保する必要がある。帰りには、芸術的な色のナスや、季節の野菜の浅漬けなど、お土産を選ぶのも楽しい。
 
山ア屋 (鰻)
■月・第1、第3火定休。
■浦和区仲町1−10−8 旧中山道沿い。 ロイヤルパインズ゙ホテルの向かい側。
■TEL:048−822−7116
江戸時代から、「蒲焼商」を営んでいたという老舗。以前は、個室に、それぞれ灯篭や庭のついた、古きよき時代の料亭で、隆盛を誇っていたが、その面影は、まったく消えた。現在の敷地は、一部残ったのみ。しかし、粋な感じになった。明るくて清潔な和室の店内、冬は、堀炬燵式の席の、足元の床暖房にほっとする。正座が苦手なおじいちゃん・おばあちゃん、もちろん若者にも歓迎されているはずだ。客層を選ばない、入りやすい雰囲気で、うなぎの味もソフトで安定している。料金も、うなぎの大きさによるだけで、判りやすい。ラストオーダーは、19時半ではなく、せめて21時くらいにしてもらえるとありがたい。
 
満寿家 (鰻)

■月定休
■さいたま市浦和区岸町7−1−3 旧中山道沿い。ワシントンホテル近く。
■TEL:048−882−1101
天然うなぎ(季節・気候により限定あり)、利根川育ちの坂東太郎も注文できるので、たまには奮発するのもいい。
簡単に食べたい場合は、旧中仙道沿いの[食堂]で。11時から14時45分までなら、うなぎランチもある。

 
別所 (鰻)

■水定休
■さいたま市南区別所4−10−6 中浦和駅近く。
■TEL:048−861−7405
別所沼のほとり、気取った店ではない。別所沼を散歩していると、プーンと甘いタレの焼けたいい匂いがしてくるので、勝手に家に上がりこむ要領で、玄関を抜けて2階まで登ると、やっと案内してもらえる。量が多く、食べ応えがある。2段重ねのうなぎの特盛は運動部系向き。出来る本数が限定されているそうだが、ここの肝焼きは、こんがりと焼けて、ほんとうに美味しい。

 
萬店(まんだな)(鰻)
■さいたま市南区鹿手袋1−2−26 別所沼付近・中浦和駅近く。
■TEL:048−862−5648
洒落た建物で、1Fは喫茶店風のゆったりしたテーブル席。2Fは和室・洋室の個室で、会合向き。 うな重を食べる人と、うなぎ三昧を食べる人に分かれる。うなぎ三昧は、浜名湖風の食べ方で、白焼き、わさび等でも食べる。うな重は、ぴかぴかの塗り物に入ってくるが、ご飯の量は薄い。上品に食べる人向き。満腹したい場合は、大盛りでと注文したほうがいい。メニューは豊富で、うなぎ以外の和定食やなまず料理もあり。
 
酒蔵(さかぐら) 力(りき) 浦和本店(串刺し焼き牛・その他 呑み屋)

■16時〜23時
■さいたま市浦和区仲町1−3−7 イトーヨカ堂の先。
■TEL:048−822−9443
レッズのサポーターなら知らない者はいない。浦和レッズの試合があった日は、店の周りは道路交通法アウトロー地域となる。道路がお店になる。場所がないのに、みんな勝手に席を作っている。満席です、とならない。ビールのケースをひっくり返してテーブルにし、新聞紙やレジャーシートを持ち寄り、身を寄せ合い、地べたに座って幸せそうに呑むサポーター達。だから、レッズは負けてはいけない。